『こころ』の不思議に迫る、臨床心理学の第一人者フロイトとユング

この絵からは、なんとなくショーンコネリー似の『フロイト』
若い頃とってもハンサムだったらしい・・・

心理学を学問として正式に学んだ事がなくても、
この人の名前は聞いた事がある・・・というのが
『ジークムント・フロイト』精神分析学の
創始者でもある精神科医。

『夢判断』、『精神分析入門』などの書籍でも
フロイトの名前は世界に知れ渡っています。

そして、もう1人が日本人にとても人気のある(講師の先生が
そう言ってましたが・・・)『カール・グスタフ・ユング』。
コンプレックスの概念を最初に発見した人と言われています。

現在、精神分析家になる為にはまず、自分を専門家により
分析しなくてはならないというルールがあるそうですが、

フロイトとユングだけが唯一、他人から分析させるのではなく、
自分自身で自分の精神分析をした人物だそうです。

天才と呼ばれる人たちは紙一重といいますが、
この2人も他人には分析不可能なほどの複雑な
精神の持ち主(特にフロイトは・・・)だったのでは
ないかと・・・きっと誰も怖がって名乗り出なかった
のかもしれませんね。でもフロイトがユングを、ユングが
フロイトを分析しなかったのはちょと不思議。

公の記録には残っていませんが、きっとこの2人
お互いに日々分析し合っていたような・・・

タイムトラベルしてこの2人に一度
分析してもらったら面白そうですね。

一期一会&轍日記 | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)