二百十日のせい?スコールのような雨と落雷


最近の雨は亜熱帯地方でよくみかける
スコールのような激しい雨と落雷が多いですね。

昨日もあの激しい雨の後で、カラッと晴れてよい天気〜と
思っていたら、夜からはまたまた激しい雨。

傘を持参しなかったお客様を駅まで
迎えにいっただけで、膝下がびしょ
びしょになってしまう勢いの雨でした。

この気象現象、昔から言われている
二百十日に関係あるのでしょうか?

昔は農家で二百十日というと
時期的に天気が崩れやすく、台風到来の時期に
あたり、稲穂の被害も多いため各地で
風鎮め、風祭りが行なわれるそうです。

通常は立春から210日目でだいたい
9月1日近辺になるそうです。

今回の被害は雨が原因ですが、天候が崩れやすい時期
という意味では昔の人は本当に自然の流れを
把握していたんだなぁ〜と感じます。

一期一会&轍日記 | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)