「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(7)

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

シリーズ1、パートГ瞭睛討任后

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++

パメラさんは語り続けます・・・

まず身体検査を受けましたが、全てに関してとても不安な気持ちがありました。でもクリニックに通っていた重い疾患を抱える40人ぐらいの患者さんの幾人かと会話をした後、治療に対して希望が湧いてきました。

薬剤、強壮剤、サプリメントなどを家に持ち帰り、食事規制も行い、とても熱心にそして信心深く医師から伝えられた全ての事に忠実に従いました。1年以内に・・いえ、3ヶ月後ぐらいから痛みが徐々に緩和し始めました。

頻度にあった偏頭痛も少なくなり、痛みの強さも弱くなっていきました。そして徐々に偏頭痛もなくなり、また少しづつ腹痛もなくなったのです。食事をし、消化もできるようになりました。そして1年ほどで膵臓ガンを完治できたのです。

膵臓ガンは生存率が大変低いと言われている事もあり、本当に信じられませんでした。私のように膵臓ガンで生き延びている人に私は今まで会った事がありません。

しかし2011年にも新たな問題が起きました。その時期ストレスを抱え、困難な状況であったため、念のため病院を訪れ、ストレス対応が出来ているか確認したかったのです。

まず、St. John’s 病院に行きCTを撮った結果、肝臓に疾患を検出したのです。底エコーの肝腫瘍があり、組織の密度の高さからガン可能性を否定できないとの事でした。

その後すぐクリニックに行きCATスキャンを撮りガンがある事を確認しました。肝臓に22箇所の局所性病変が見られ治療を行いました。ガンを完治してからしばらく経っていた為、この突然宣告に大変ショックを受けました。膵臓ガンの時は強い痛みを伴っていたのですが、今回は痛みをそれほど感じなかった事で、以前のような危機感を感じなかった理由なのかもしれません。

3ヶ月後に再来するように伝えられましたが、いても経ってもいられず、2ヶ月半で再診を受けガンを完治した事を確認しました。

やはり信じられない気持ちでいっぱいでした。治療前は50%の肝臓はガンの影響を受けていると宣告されましたが、治療後ガンは見当たりませんでした。

私が知っている限り、膵臓ガン患者として私は一番長生きしていると思います。40年後もこうして生きているのですから。医師達もその後ガンは私の身体に全く見当たらないと診断しています。もしも通常のガン治療を病院で行っていたら、私は今ここにこうして生きてはいないでしょう。この治療方法に出会い選択した事に感謝し、とても幸せに思っています。

次回につづく・・・

健康とカラダ改善 | 06:34 | comments(0) | trackbacks(0)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)