GMOってなに?

皆さん、GMOって聞いた事ありますか?

英語では GMO=Genetic Modified Organism です。

そうそう、先週もちょこっとお話ししてますが遺伝子組み換えされた作物の事です。

厚生労働省の消費者向けのパンフレットには

「生物の細胞から有用な性質を持つ遺伝子を取り出し、植物などの細胞の遺伝子に組み込み、新しい性質を持たせることを遺伝子組換えと言う」

と記載されています。

今までは品種改良という作物同士の掛け合わせ(交配)によって、よりよい品種を改良していました。例えば味のよい品種と乾燥に強い品種を掛け合わせて、味がよく、乾燥にも強い品種を作る方法です。

遺伝子組み換えを利用した場合は

味のよい品種に乾燥に強くなる遺伝子を人為的に組換えて味がよく、乾燥に強い品種を作り上げています。

厚生労働省のパンフレットには組み込んだ遺伝子によって作られるタンパク質の安全性は組み込んだ遺伝子が間接的に作用し、有害物質などをるくる可能性がないことが確認されているそうで、食べ続けても問題はないと記載されています。

とは言うものの・・・・

Btタンパク質、ラウンドアップレディータンパク質を使用し始めたのはまだ近年。摂取し続けた人間の身体への影響というのは未知の世界です。

どの情報を信じるかは個人次第ですが、私個人的にはできる限り摂取を避ける事で、これからの健康維持に役立てたいと思います。

特に世界で遺伝子組み換えが行われている食物は

 1とうもろこし
 2大豆
 3甜菜
 4アスパルテーム
 5パパイヤ
 6カノーラオイル(菜種油)
 7乳製品
 8綿種
 9ズッキーニ
10イエロースクワッシュ

がトップ10となっています。

フィリピンのMASIPANG(農民と科学者発展のためのパートナーシップ)による「10年の失敗〜GMコーンに騙された農民たち」のビデオドキュメンタリーと


アメリカの14歳のレイチェルパレントさんがテレビ番組ホストのケビンオレアリーさんとGMOについて論議する映像です。



2映像共にとても考えさせられる映像ですが、特に14歳でこれからの自分たちの将来の食の安全、消費者としての権利、環境問題の主張する活動家レイチェルには関心します。

興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

食について | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)