妊活って???



自分自身がクライアントさん方のマタニティケアや産後ケアに携わっているという事もあり、気になっている話題であるという事もありますが、最近よく書店や記事で目に入ってくるのがこの「妊活」という言葉です。

知恵蔵2014年解説によると・・・

妊活とは・・・

「妊娠についての知識を身につけたり、妊娠にあたって自身の身体の現状を把握するなどといった活動。」ジャーナリストであり大学講師である白河桃子さんにより提唱された言葉だそうです。

妊娠活動の省略になるので、なんとなく、妊娠を希望している女性の方で自然妊娠、もしくは不妊治療等など妊娠の為の活動をしている人、と私も最初は思っていましが、実際にはもっと深い意味がありました。

将来今の彼と結婚して、2人で幸せな家庭を築きたいなぁ・・・と思っている女性。

新婚生活も落ち着きそろそろ子供が欲しいなぁ・・・と思っている女性。

2年前に子供に恵まれ、そろそろ2人目が欲しいなぁ・・・と思っている女性。

そんな女性達は勿論の事、

まだ、高校生、大学生、学校を卒業してやっと就職したばかりという女性達も今からでも妊活は早すぎる活動ではありませんね。

妊娠行為そのものはまだ先の話になるかもしれませんが、早い時点から妊娠に関しての知識をしっかり持ち、将来自分が妊娠する、妊娠しないに関わらず、今の時点で自分の身体が妊娠に対応できるのか、その為の体力はあるのか?という事は把握しておく事はとても大切です。

例えば20歳の時点で予備知識があれば、それまで全く運動していなかった自分を反省し、定期的にジムに通ったり、ヨガやピラティスで身体を整えるように体力作りを始めるかもしれません。20歳から行っていれば37歳になった時に自分の選択で妊娠したとしても、大丈夫。赤ちゃんを育てるお部屋の準備、お部屋を守る順備、そして産後の体力作りもしっかり出来ているので、不安材料が減り、妊娠行為を楽しむ時間を増やす事ができますね。

自分の身体について早い時点から把握するという事は、妊活に限らず、自分自身への責任であり、よりハッピーな、自分の望む人生を得る為に比較的簡単にできる行為の一つと言えますね。

妊活 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)