被災地から届いたありがたい年賀状

















東日本大震災から後数ヶ月でもう丸2年になります

今年は仮設住宅で過ごされた方や新しく生活を始めた場所で迎えられた方も多くいらっしゃった事と思います福島も含めまだまだ震災の傷跡は深く困難も山積みですが、年月が経つにつれ少しずつ明日への希望が芽生えてきているように感じます

現在、現地へのボランティア活動は休んでいる為、直接の情報が入っていませんが、今年の元旦には現地よりお店に年賀状が届きました

この年賀状は、初めてKBF震災ボランティアチームの一員として被災した家の修理をお手伝いさせていただいたご一家です

『家の改修も無事終わり、2年ぶりに穏やかな正月を迎える事が出来ましたご支援ありがとうございました 感謝、感謝!です

そんなコメントを年賀状でいただき、とても嬉しいのと同時に心が温かくなりました

小さな力が集まって成し遂げた、とても小さな活動でしたが、こうしてお正月を迎える事ができる一家が存在している事は自分たちの活動が少しでも役に立ったのかと実感でき、今年一番の本当に嬉しいニュースでした

 

 

 

ひとり言ダイヤリー | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)