essence k -hand to hand- プロジェクト 第13弾

今月は同時多発テロから10年、そして東日本大震災から6ヶ月という大きな区切りの月となりました。どんな辛い事件、出来事があっても時間は止まる事なく過ぎていくのだなぁと改めて感じています。

時間が心を癒してくれる問題もありますが、大切な命を失った家族、恋人、友人達にとっては10年前、6ヶ月前がつい昨日の事のように感じるのではないかと思います。なぜ家族が、恋人や友人が災害やテロの犠牲にならなければならないのか。特に幼い命が失われたり、奪われたりした時、なぜ?なぜ?という疑問だけが大きく残ります。このやるせない気持ちと同時に何もできない自分がとてもはがゆいです。どうしたらよいのか、答えはありませんが、そんな思いに耐えている方の、少なくてもそばにいて手を取ってあげたい、誰かに手を取ってあげて欲しいと思う今日この頃です。

さて、-hand to hand- 被災地支援活動をスタートし、緊急の物資送付などは、ほぼ落ち着いてきたと言えます。これからはボランティア活動を実際にした地域の方々との交流を深めながら、地域の復興の為に細かい内容に気を配りながらお手伝いをしていく予定です。

KBFのメンバーに加わり石巻のボランティア活動をスタートした際、初めて被災した家にて作業をさせていただいたのが石巻市門脇字浦屋敷地区です。現在この地区の住民もわずかですが戻りつつあり、全壊の1階の部分を修理しながら、2階で生活している方々がいらっしゃいます。国からの支援もなかなか公平に渡っていない部分も多く、生活に困窮している方々も大勢いるとのこと。今回地域の方に協力していただき、情報を集め支援物資を送る事になりました。

浦屋敷地域の方からリクエストのあった品物の手配を下記にさせていただきました。

*TIGER マイコン電動ポット 5個
*TIGER 電気ポット内容器洗浄用クエン酸 5個
*エリエール トイレットティシュー 12個セット 10個
*スコッティティッシュ 5個パックセット 10個
*シーツ 綿100% 白  5枚
*マイヤータオルケット アイボリー  5枚
*トヨトミ反射石油ストーブ 5個


リネン(シーツ、タオルケット)のみ以前お世話になった東京リネンサービスさんにお願いしました。その他はアマゾン、楽天等より手配させていただきました。

この冬、手配した物資で少しでも温かく過ごしていただけたらと願うばかりです。-hand to hand-メンバーの皆さん、そしてKBFの皆さんご協力大変ありがとうございました。

被災支援-hand to hand- プロジェクト | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)