アルゼンチン映画『瞳の奥の秘密』


少し前になりますが、『大きなスクリーンで完成度の高い映画が観たい!』という突然の衝動にかられて久しぶりに映画に出かけてきました。子供頃から映画好きで、特にハリウッドの白黒作品に魅了され、当時映画で表現された美しく、面白く、正義溢れる、愛情表現豊なアメリカという国、そしてその生活に大きな憧れと夢を抱いたものでした。

あの頃の思いがなかなか抜けず、今でも映画というとなんとなくMaid in USAの作品を選択してしまいます。ただ、最近の米国映画はレディスデイを利用しての1,000円価値でも、『ん〜』と言葉に詰まってしまう程、不良作品が多い気がします。製作料金には糸目をつけず、人気俳優を出演させているのにもかかわらず・・・です。確かに映画、音楽、美術の世界も飽和状態にあり、新鮮さを見いだすことは難しいのかもしれませんが、やはり映画界の元締めであるアメリカにはがんばってほしいです。

という事で話しを戻しますが・・・

先日は観たい米作品が見つからず、選択したのは去年アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画『瞳の奥の秘密』でした。

後半の特殊メイクには多少無理があった事が残念ですが、飽きのこないストーリーとテンポのよい展開、そしてぐっと抑えた意味深いセリフの数々が詰まった脚本、そして俳優さん達の演技はすばらしかったと思います。

愛する人や家族を殺された過去を持つ被害者の残された家族、恋人や友人はその行為、そして犯人に対する怒り、悲しみ、空しさを日々感じながらその後どう生きていけるのか?いつになったらその苦しみから解放されるのか?犯人が逮捕されなかったり、無罪放免になったり、刑が軽い場合は・・・自分だったらどうする?いろいろと考えさせられました。

最近特に増えている、無差別殺人事件、虐待、ドメスティックバイオレンスなど犯罪がより身近になってきているだけに、犯罪被害者(遺族)の心身や生活のケアなどの社会的支援や、プライバシーの保護などはこれから私達1人1人が考えていくべき問題です。

強姦殺人事件で愛する妻を殺された夫が、刑事裁判所でこの事件の捜査を担当した主人公と会話する幾つかのシーンは重い場面ですがこの映画の見所でもあります。夫が事件のあった朝、妻が最後に入れてくれた紅茶がどんな紅茶だったか思い出せない・・少しずつ妻との記憶が薄れていくのが恐い・・・って淡々と語るシーンがあるのですが、感情を控えたその夫の口調や態度が、心の奥で絶えている、堪えている彼の妻に対する思いの強さや深さを感じさせ、胸が苦しくなるのです。そして、こういう場面やセリフがこの映画すご〜く多い。淡々とした感情を抑えた口調に逆に重みを感じ、またその言葉の裏に隠された深い真実が見え隠れして、辛く、苦しく、悲しく、空しさを更に強く感じてしまうのです。

状況が変化しても『変えられない本質』を持ち続けるいろいろな人間達の究極の選択、そしてその時の心理状態をとてもよく描いている気がしました。

そしてこの殺人事件という暗いテーマと同時に進行するのが『人間の愛』。男女の、友人との、そして家族間の愛です。特に主人公と上司の切ないでも温かく、熱い愛情がこの映画の明の部分でしょう。25年以上もお互いへの思いを抑え続けた2人もこの事件の真相を知る事で、大きな変化を迎えます。

このような映画では登場人物の表情、目などの表現を重視する為、やはり俳優さん達の演技力が問われます。主人公は勿論の事、被害者の夫役、同僚、犯人、そして上司役どの俳優さんもとても素晴しかったです。上司役のとっても綺麗な女優さんはなんと新人女優さんだそうです。あそこまで迫力ある演技ができる方が新人さんとは・・・脱帽です。

この映画お勧めです。

本、映画の紹介 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0)

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)