超訳『ニーチェの言葉』by フリードリヒ・ニーチェ/白取春彦編訳

以前東京新聞のコラムの題材となり、最近ベストセラーとなった本『ニーチェの言葉』を購読しました。毎日じっくり少しづつ読んでみよう・・・と思っていたのですが、読み出したら止まらなくなってしまい、あっという間に読み切りました。

己、喜、生、心、友、世、人、愛、知、美についての言葉が、全部で232文書かれています。哲学者の言葉といっても、とても解りやすく、そして『生の哲学』と呼ばれるだけあって、1つ1つの言葉がぐいぐいと心の中に響き渡りました。

まえがきにあったように、なんとな〜く終わってしまっている日常の生活に『刺激とインスパイヤ』を与えてくれる材料がいっぱい詰まった宝本になっています。

ドキッとしたり、なるほど〜と思ったり、もしかしたら私も・・・と思ったり、いろいろと考えさせられる文や、ほっと安心させられる文、シャキッとさせられたり、身につまされるような文もありました。その中から幾つか紹介しましょう。

生について
今の人生を、もう一度そっくりそのまま
繰り返してもかまわないという生き方をしてみよ。
                   『ツァラトゥストラはかく語りき』より

美について
 『どこから来たか』ではなく、『どこへ行くか』が
最も重要で価値あることだ。栄誉は、その点から与えられる。
 どんな将来を目指しているのか。今を越えて、どこまで高くへ行こうとするのか。
どの道を切り拓き、何を創造していこうとするのか。
 過去にしがみついたり、下にいる人間と見比べて自分をほめたりするな。
夢を楽しそうに語るだけで、何もしなかったり、そこそこの現状に
満足してとどまったりするな。
 絶えず進め。より遠くへ。より高みを目指せ。

                   『ツァラトゥストラはかく語りき』より

知について
わたしたちが読むべき本とは、次のようなものだ。
読む前と読んだあとでは世界がまったくちがって見えるような本。
わたしたちをこの世の彼方へと連れさってくれる本。
読んだことでわたしたちの心が洗われたことに気づかせるような本。
新しい知恵と勇気を与えてくれる本。
愛や美について新しい認識、新しい眼を与えてくれる本。
                   『悦ばしき知識』より

己について
 どんな人にも一芸がある。その一芸は、その人だけのものだ。
 それを早くから知っていて、充分に生かして成功する人もいる。
自分の一芸、自分の本領が何であるか、わからないままの人もいる。
 それを自分の力のみで見出す人もいる。世間の反応を見ながら、
自分の本領が何だろうかと模索し続ける人もいる。
 いずれにしても、くじけず、たくましく、果敢に挑戦を続けていけば、
自分の一芸がわかってくるはずだ。
   
                 『人間的な、あまりに人間的な』より

いかがでしょう?100年以上も前に書かれた作品であるのに関わらず、とても新鮮に伝わってきます。この世に生きている人間への道徳が必要というニーチェの思想は、今も昔も変わらないのかもしれません。

こんな美しい思想を文章に残したニーチェ自身の晩年は、精神崩壊、狂気の果てという残念な最後でした。孤高の哲人だからこそ、自分自信の存在の重さに耐えられなくなってしまったのかもしれません。『死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう・・・・』と彼自身の言葉をそのまま優しく愛情豊かに伝え、愛で包み込んでくれる人がそばにいたら違っていたのかも・・・と思うのは私だけでしょうか。








本、映画の紹介 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)