NO MAN'S LAND 創造と破壊@フランス大使館旧庁舎


先日知人2人の作品が展示されている "NO MAN'S LAND"フランス大使館旧庁舎のアート展に出かけてきました。

このアート展終了後、このフランス大使館旧庁舎は取り壊されてしまうそうです。50年代に起工されたこの歴史的建造物は当時24歳という若手の建築家ジョゼフ・ベルモン氏のデザイン。当時は近代建築としてかなり注目された建造物だったそうです。このユニークな空間を使用し、国内、海外のアーティスト70名近くの作品が展示されています。

一歩この空間に足を踏み入れるまでは解らなかったのですが、多くのアーティストは作品自体をこの場所で作成し、完成させたとのこと。だからこそなのか建物とアートの一体感、そしてそれぞれのアート同士のつながりも感じることができました。それぞれの部屋にまだ残る、棚、備品、壁にのこされたコンセントのジャックまでアートの一部となって作品にとけ込んでいます。窓から見える中庭の世界もまた外観アートとなってなくてはならない存在と化していました。そして面白い事に、建物自体がこのアーティスト達に協力し、最後の残された命を懸命に生かし、輝いている・・・そんなエネルギーがある展示でした。

『領域』の概念を追求したアーティスト達の藝術と創作の国『NO MAN'S LAND』。この冬一押しのアート展です。


ネイチャートーク | 01:45 | comments(0) | trackbacks(0)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)