宇宙のロマンをこれからも追い続たいですね

46年ぶりの皆既日食で大変盛り上がった南の島々でしたが、東京でも部分日食を見ることができたようですね。ランチの時間に空を見上げた方も多かったのではないでしょうか?今回のネイチャーイベントに皆既日食ツアーも構成され、参加したものの悪石島や上海などでは天候に恵まれず見逃してしまった方も大勢いたようですね。とても気の毒に思いますが、これもまた予測できない自然の姿なのでしょう。

私自身も見る事ができなかった皆既日食ですが、下記サイト後にゆっくり見させていただきました。コロナ、ダイアモンドリング、プロミネンスなど美しい、幻想的な姿が大変美しく撮影されていました。この映像を見ていると、多くの天文ファンが南の島まで出かけた理由がよく理解できます。

地球エコ2009より: http://www9.nhk.or.jp/live0722/

ところでこの映像を探し当てた時に、2006年のエジプト皆既日食、2001年のザンビアの皆既日食もYouTubeで見させていただきました。エジプトの時点で8回も皆既日食と遭遇している日本人の方がいたのには驚きです。ザンビアの映像は現地の方の興奮が伝わり、見応えだけでなく聞き応えもありました。

かなり前になりますがハレー彗星がやってきた時、友人と山に登り宇宙のロマンを追った事があります。その時、ご親切な方から天体望遠鏡で月を覗かせていただいたのですが、その美しい姿といったら。クレーターがはっきり見えるんです。すごかったです。

ここまで人類は足を伸ばしているんだぁ〜と感動したものでした。先日はアポロ11号の月面着陸成功から40年という話題もありましたが、やっぱり心にぐっとくるのはニール・アームストロング氏の言葉ですね。

That's one small step for (a) man, one giant leap for mankind.
これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である

すみません、今日は話題が皆既日食から月面着陸にまで飛んでしまいました。宇宙のロマンをこれから追い続けるためにも、地球だけでなく宇宙を守る環境づくりをしていきたいですね。この美しい場所に生きる1人の人間として今なにができるのか・・・考え、気づいた時にほぼ日手帳に書き込んでます。これかはこれらのエコ活動を日常の仕事として記帳し、実行していきたいです。

ネイチャートーク | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)