セラピスト自身の身体と心をプロテクトする方法とは?

目指せセラピスト ももちゃん奮闘記! (66話)

まずは市川さんが本日のテーマセラピストの為の『セルフプロテクション』について紹介。

市川さんも仕事を初めた頃は特に、とれも身体が疲れたり、家に帰ると理由もなく怒りが込み上げたり、悲しくなったり暑くもないのにホットフラッシュのような症状を起こしたりとなぜ??という事がしばしばあったそうです。

全ての症状が仕事と関連しているかは未だに疑問だそうですが、その日に限って疲労が溜まっている方、失恋した方、更年期で身体が思うようにならないと悩んでいる方のセッションを受け持ったそうです。

そんな彼女もその簡単にできる気功の基礎を習得し施術前にクレンジングとエネルギーのチャージをし始めた事でその後はあまり同じような思いをしなくなったそうです。

今回の交流会では15名のセラピストが集ったため、3つのグループに別れて、それぞれの経験談と、セルフプロテクション方法について話し合いました。

ももちゃんはアロマの学校での宿題で、知人をモデルに施術をした後、家に帰った夜、動悸がして一睡もできなかった事があり、その後アロマの先生を通して翌日、クラス全員でセルフプロテクション用のメディテーションを教わりました。

この方法を使い始めてからは全くと言っていいほど、施術後具合が悪くなったり、動悸がする事はなくなりました。

そのメディテーション法とは

1)施術前(クライアントさんに触れる前)に気持を落ち着ける場所(セラピールームでもOK)にて目を閉じまずはグラウンディング。

**グラウンディング:
頭や手は空から太陽の光をいっぱいに浴びる枝と葉が伸び、足はからは地面にしっかり太い根を張っている大きな木をイメージし、足をしっかり地に着ける事。

2)その後空から温かく、白っぽい光が自分の身体におりてきて筒のように自分を覆ってくれる。その光は上は空の上まで、下は地面を通り抜け続いている。

3)心の中で自然の力に対し、自分を一日守ってくれる事を感謝する。大きく深呼吸をし、心の準備ができたら施術へ。

全く同じではありませんが、グループの中には似た様な方法を取っている人もいました。
 
意外にも多くのセラピストさんが、マッサージ等でボディケアはしているものの、こういったエネルギーのプロテクションはしていなかったようでした。

最後に市川さんから簡単な気功でできるセルフクレンジング法を学び終了となりました。

*******次回はこのボディクレンジング法について
 お話ししましょう。

 ・・・・・・・・・・つづく

 
 

 
 

 

 

セラピスト奮闘記 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)