目指せセラピスト ももちゃん奮闘記 お知らせ

『目指せセラピスト、ももちゃん奮闘記!』は今週都合に寄りお休みさせていただきます。再来週の木曜日にシニアホームのボランティア活動のつづき71話を掲載させていただきます。再来週をどうぞお楽しみに♪

セラピスト奮闘記 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)

シニアホームでボランティア活動

目指せセラピスト ももちゃん奮闘記! (70話)

サロン活動の一環として、小林店長がシニアホームのボランティア活動参加を先月からアレンジ。今月はももちゃんが後輩の豊田さんと一緒に参加することになりました。

シニアホームは港区白金にある『ハッピーライフ』という比較的新しいホームです。前回参加したスタッフよりある程度のインフォメーションを聞いていたので、スムーズに現場に行きセッティングを完了させました。

シニアホームではいろいろなイベントを毎月企画しており、今回の『アロマオイルマッサージ』も大変な人気で前回から予約が一杯になっています。

念のためシニアホーム担当医師には前々から状況を説明し、参加の承諾を得てから、病歴や、トリートメント時の注意事項等があれば担当者に連絡し、簡単なレボートを作成してもらっていましたので、ももちゃん達もとても安心でした。

アロマオイルのマッサージはハンド、もしくはフットのどちらかを選択することができるようになっており、オイル、消毒液、ハンドタオルのみをサロンが用意し、各参加者にはタオルを2本持参してもうらうようお願いしていました。

1人約15分ほどの内容になる為、セラピスト1名が10名を担当します。前回のセッションを逃してしまった方を優先に今回もトータル20名以上の方がサインアップしてくださいました。残念ながら、今回20名内に入らなかった方は来月優先的にケアをする事を約束しました。

車いすでの移動の方もいらっしゃる為、予約時間をそれぞれ設定し、レクリエーションルームにスペースを設けました。後半に移動困難な方の予約を設定し、お部屋への訪問をする事にしました。

70歳から最年長は91歳の方まで男性、女性さまざまです。普段は20代、30代の女性達をアロマケアしているももちゃん達にとっては、高齢者の方の手、足は想像以上にデリケートでした。

手足どちらでもという事だったのですが、足を差し出す事に慣れていない様子で、『恥ずかしいから・・・。』とハンドマッサージを希望する方の方が多かったようです。

無事にレクリエーションルームでのトリートメント9名を終了し、ももちゃんは最後のハンドマッサージに3階のお部屋に移動しました。斎藤さんという88歳の男性で、担当者の方からはちょっと頑固な九州男児だから言葉使いには気をつけてね、無口だけど、ホントは情の深い優しい人だから・・・とアドバイスを受けたももちゃんです。

307号室の斎藤さんの名札の付いた個室の前で、深呼吸をし、元気に『こんにちは、ボランティアの百瀬です。失礼します。』と挨拶しながら入っていきました。

この続きは次回に・・・


セラピスト奮闘記 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0)

断食中は手の保湿をより念入りに

目指せセラピスト ももちゃん奮闘記! (69話)

松下さんを連れ、店長が前に連れて行ってくださったカフェをミーティングの場として利用しました。

松下さんに近況の状況を訪ね、少し場を和やかにした後で本題に入りました。まずは、近藤様とのセッションでの会話を松下さんに説明し、この件に関してどう感じ、どう思うかを聞く事に。

即注意を促すという事をするよりも、松下さん側の言い分もしっかり聞く姿勢をまずは示しました。お店側の立場であるももちゃんですが、お客様の話しを一方的に頭から鵜呑みにしない事で、スタッフに対してもフェアな姿勢を示し、信頼を得て、彼女自身からの反省、気づきを促しました。

『百瀬さんの大切なお客様なのに、本当にすみません。』松下さんからの最初の一声でした。

『手の乾燥・・・ですね。確かにいつもよりもしっとり感にかけていたので、夜注意してクリームを多めに塗っていたのですが・・・。実は最近身体の疲れがなかなか抜けない事が多く、頭痛が強く出るようになっていたので、友人に勧められあの週に三日間の断食をしたんです。』
『大腸洗浄と合わせた多少厳しい内容のものだったのですが、断食後は身体がとても軽くなり、その後は頭痛も全くなくなったんです。』
『とにかくお白湯は沢山飲み続けていたのですが、油分を摂取しないせいか、手足の乾燥は私も感じていました。注意したつもりだったのですが本当にすみません。』

ももちゃんもなるほどと納得。そういえば、最近の松下さんは肌のクスミがなくなり、明るくなったので、ファンデーション変えたのかなぁ〜と思っていた所でした。その日の松下さんの手の様子を見せてもらいましたが、しっとりとしていてなんの問題もありませんでした。

手の乾燥の問題は一時的な事だったと知り、ももちゃんもひと安心。但し、健康増進の為と断食の行為とはいえ、お客様に満足のいく施術を提供できなかった事には、松下さんにも反省が必要でした。

今回の件は、スタッフ全員にも伝えたいと思ったももちゃん。松下さんにこの件を次回のミーティングで発表するよう促しました。手の乾燥はどんな時でも充分注意すべき事であり、今回のように要因がある場合は、通常よりも更に保湿する事や、練習会等をその時期に合わせて設け他のスタッフに確認してもらうような提案する事にしました。

今回は松下さんの健康に対する前向きな姿勢が、意外な結果をもたらし、残念なセッションの結果をもたらしましたが、食生活の改善や規制が身体に敏感に現れる事など多くの事を学びました。こういったマイナスの経験を二度と繰り返さない為にも、そしてプラスに以降する為にも、スタッフ全員とシェアする事が必要と考えるももちゃんでした。

セラピスト奮闘記 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0)

ももちゃん奮闘記は本日お休みさせていただきます

大変申し訳ありません。『目指せセラピスト ももちゃん奮闘記!』はお休みさせていただきます。次回の木曜日に69話として続きを連載いたします。皆さん楽しいお盆休みをお送りくださいませ。

セラピスト奮闘記 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0)

オイルマッサージの気持よさが手の乾燥で半減?

目指せセラピスト ももちゃん奮闘記! (68話)

いつもももちゃんを指名をしてくださる近藤様が、珍しくお友達を連れてご来店です。前の会社のとてもお世話になった上司の方という事で、近藤様も相手を気遣っている様子でした。

近藤様の依頼で今日はももちゃんが上司の方を担当、そして後輩のセラピスト松下さんが近藤様を担当する事になりました。近藤様に『百瀬さんなら安心だから、どうぞよろしくね。』と言われ、いつもより少し緊張を感じたももちゃんでしたが、施術にも集中でき、上司の方も気になっていた腰から足全体がとても軽くなったと喜んでくださいました。近藤様もその上司の方の言葉を聞き笑顔でお帰りでした。

一週間後、いつもの様に近藤様がももちゃん指名で来店されました。先日の上司の方のご紹介のお礼をし、お部屋にご案内しました。

すると近藤様からこんなお話しが、

『そう言えば、この間私を担当してくれた松下さんなんだけど、とっても念入りに肩首をトリートメンとしてくださって、楽になったわ。でもね、ちょっと気になる事があったんだけど・・・。』

『彼女、手がとっても乾燥してたみたいで、あのいつものオイルマッサージの気持よさが半減されたような気がするの。ほら百瀬さんって小柄だから手が小さいはずなのに、手がしっとりしていて、暖かくって、なんだかオイルマッサージの時、包まれているような大きな安心感とラグジュアリー感があるのよ。気になっていた肩はとっても楽になったから、よかったんだけど・・・。』

近藤様はとっても気を遣いながら、それとなくももちゃんに打ち明けてくれました。近藤様には、お話して下さった事への感謝の気持と、更なる満足感を提供できなかったお詫びをお伝えしました。

近藤様をお見送り後、小林店長にこの件を報告。ももちゃんから松下さんに直接伝える事になりました。お店終了後、松下さんには時間を少し取るように店長から予め話しをしてもらいました。

 後輩にお客様からのこのようなクレームを本人の性格を読み上手に伝え、
 本人の向上心を引き上げるように話すのも、セラピストを育てる為の
 大切な仕事です。小林店長が以前自分を励ましてくれたように
 ももちゃんも上手に松下さんに話しができるでしょうか?

 
・・・・・・・・・・・・次回につづく

セラピスト奮闘記 | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0)

瞑想セルフクレンジングで心も身体もリフレッシュ♪

目指せセラピスト ももちゃん奮闘記! (67話)

最後にセラピスト交流会に集った全員で、市川さんが毎朝行なっているというセルフクレンジング法を教えてもらう事に。このクレンジング法は気功の先生から教わった方法を市川さんなりに工夫し、より簡単なステップにしたそうです。

立ち方:足を肩幅に広げ、若干膝を曲げた状態で背筋を伸ばし、全身リラックスした状態で立つ、その後グラウンディングを行なう(66話にて説明)

1)深呼吸をゆっくりしながら頭の上からゆっくりと身体の部分部分(頭、顔、首、肩・・という感じで)がリラックスするのを感じ取っていく。緊張感が抜けない部分があれば、再度繰り返す。

2)腕を大きく広げながら頭の上に持っていく。手は楽に開き水平にする。頭の上からゆっくりと手を下方に向って動かしながら、それと同時にクレンジングをゆっくりと行なう。クレンジングの具体的な瞑想方法としてはクリアな水が汚れを落としていく感じ、セージを炊いた時の煙で清められる感じ、白い光が黒い汚れを押し出して行く感じなど、自分なりに一番適する方法を選択する。最後足まで行なったら、全ての汚れ、つまりは足の裏から大地に吸収されていく事を感じ取る。

3)リフレッシュされた身体に、エネルギーをチャージする。腕を大きく広げながら太陽の光を集め、ゆっくりと丹田までその光を持っていく。充分なエネルギーを得るまで必要であれば数回繰り返す。

4)大きく深呼吸をし、今日という日、自然に感謝し終了。

自由なスピードで行なった為、慌てずに個人個人がゆっくり行なう事ができました。終了後はティ―タイムを設け、クレンジングの感想を全員でシェアしてみました。何となく全員の顔色が一段と明るくなったという市川さんのコメントに対しては、皆で顔を合わせながら、あ〜、そう言われてみれば・・・と全員が納得。楽しく、とても勉強になったセラピスト交流会でした。

セラピスト奮闘記 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0)

セラピスト自身の身体と心をプロテクトする方法とは?

目指せセラピスト ももちゃん奮闘記! (66話)

まずは市川さんが本日のテーマセラピストの為の『セルフプロテクション』について紹介。

市川さんも仕事を初めた頃は特に、とれも身体が疲れたり、家に帰ると理由もなく怒りが込み上げたり、悲しくなったり暑くもないのにホットフラッシュのような症状を起こしたりとなぜ??という事がしばしばあったそうです。

全ての症状が仕事と関連しているかは未だに疑問だそうですが、その日に限って疲労が溜まっている方、失恋した方、更年期で身体が思うようにならないと悩んでいる方のセッションを受け持ったそうです。

そんな彼女もその簡単にできる気功の基礎を習得し施術前にクレンジングとエネルギーのチャージをし始めた事でその後はあまり同じような思いをしなくなったそうです。

今回の交流会では15名のセラピストが集ったため、3つのグループに別れて、それぞれの経験談と、セルフプロテクション方法について話し合いました。

ももちゃんはアロマの学校での宿題で、知人をモデルに施術をした後、家に帰った夜、動悸がして一睡もできなかった事があり、その後アロマの先生を通して翌日、クラス全員でセルフプロテクション用のメディテーションを教わりました。

この方法を使い始めてからは全くと言っていいほど、施術後具合が悪くなったり、動悸がする事はなくなりました。

そのメディテーション法とは

1)施術前(クライアントさんに触れる前)に気持を落ち着ける場所(セラピールームでもOK)にて目を閉じまずはグラウンディング。

**グラウンディング:
頭や手は空から太陽の光をいっぱいに浴びる枝と葉が伸び、足はからは地面にしっかり太い根を張っている大きな木をイメージし、足をしっかり地に着ける事。

2)その後空から温かく、白っぽい光が自分の身体におりてきて筒のように自分を覆ってくれる。その光は上は空の上まで、下は地面を通り抜け続いている。

3)心の中で自然の力に対し、自分を一日守ってくれる事を感謝する。大きく深呼吸をし、心の準備ができたら施術へ。

全く同じではありませんが、グループの中には似た様な方法を取っている人もいました。
 
意外にも多くのセラピストさんが、マッサージ等でボディケアはしているものの、こういったエネルギーのプロテクションはしていなかったようでした。

最後に市川さんから簡単な気功でできるセルフクレンジング法を学び終了となりました。

*******次回はこのボディクレンジング法について
 お話ししましょう。

 ・・・・・・・・・・つづく

 
 

 
 

 

 

セラピスト奮闘記 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0)

セラピスト交流会へ参加して情報交換♪



目指せセラピスト ももちゃん奮闘記! (65話)

 久しぶりに同僚の石田っちと同じお休み。
 以前から興味があったセラピスト交流会に
 2人で参加する事になりました。

 この交流会はアロマセラピストを対象としており、
 偶数月、第1週目の水曜日の15時〜恵比寿にある
 レンタルスペースを借り、実行されています。

 交流会は既に5年目だそうで、レンタルスペースの
 管理会社の代表者の市川さんがアロマインストラクターとして
 デビューした年に開始されたそうです。

 毎回異なるテーマを提示し、参加者全員で
 意見交換をしたり、ちょっとしたセルフケアの
 アイデアを交換したりしているそうです。

 違った現場で働いているセラピトさん達との
 意見交換や情報交換はとても新鮮で、
 特にこれから独立を考えている
 セラピストさんとの出会いは
 ももちゃんにもよい刺激となります。

 今回のテーマは『セルフプロテクション』です。

 いろいろなクライアントさんが出入りするサロン、
 精神的に不安定な方、身体の部分に不調や痛みを
 抱える方も来店します。施術を通じてクライアントさん達の
 ネガティブな気持やエネルギーを受領してしまわないよう
 どうやって自分を守るべきか、もしくは
 守っているのかを話し合いました。

 次回は意見交換の内容を紹介していきましょう。
 ・・・・・・・・・・・・つづく
 

 
 


セラピスト奮闘記 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0)

オーガニックコスメ、ナチュラルメイク1日講座♪パート2



目指せセラピスト ももちゃん奮闘記! (64話)

 いよいよナチュラルメイクのスタートです。
 まずは木下先生が生徒の中からモデルさんを選択。

 6人全員がモデル希望だったので、
 ここはフェアにとじゃんけんぽん。

 ラッキーな事にももちゃんが勝利!
 生徒代表でモデル台に着席。ちょっとはずかしく
 なったももちゃんでしたが、ここは我慢。

 まずは木下先生がももちゃんの肌質を見ながら、
 ファンデーションの色をももちゃんの耳下から
 フェイスラインに合わせて選択。
 ライトべ−ジュカラーのフェイスパウダーを使用する事に。

 ももちゃん普段はリキッドファンデで、もう少し
 オークル系の色を使用していました。

 まず、ファンデを施す前にソフトなスポンジに
 ささっとフェイスマッサージ。不思議、みるみるうちに
 目元がすっきり、顎のラインもシャープに。
 
 そして肌触りのよいブラシで先生がファンデーションを
 施します。ほんの少しのパウダーしか使用していないのに、
 しっかりカバーされ、地肌にとても合っているせいか、
 透明感がありとてもいつもよりも表情が明るく、
 軽い感じがしました。

 続いて、アイシャドー、リップ、アイライナー、
 マスカラなどもももちゃんの肌に合わせて選択。
 あっという間にナチュラルメイク完成です。

 最後に生徒全員でももちゃんの右側と、左側の
 顔を比べてみると・・・・右半分は顔全体がとても
 明るく、目元がすっきりして、自然なのに
 いつもよりとても若々しく、透き通った綺麗な肌に見えます。

 アクセントメイクは全体的にももちゃんの肌にあった
 オータムカラーを使用。ナチュラルな中に
 落ち着いた女性の魅力もちょっと感じるような
 全く左右対称の仕上がりとなりました。

 生徒さん皆さんから『百瀬さん素敵、とっても
 自然なのに綺麗。』と言われももちゃんも照れ笑いです。

 『さあ、今度は皆さんもトライしましょう!』と木下先生。
 早速一人一人のカウンセリングを行ない、それぞれのコスメを選択。

 ももちゃんももう一度右側のメイクを落とし、
 皆さんと一緒にセルフメイクのスタートです。
 
 簡単マッサージから、ファンデの塗り方、それぞれの
 ポイントメイクの方法などを順序よく行ない、最後に仕上げ。

 生徒さんそれぞれのメイクを左右で比べ、
 最後に先生からワンポイントアドバイス。

 そしてもう一度すべてのメイクを落とし、
 皆さん、素顔でティータイム。

 木下先生の手作りマクロビオティクスイートポテトのお菓子と
 ハーブティーをいただきながら、楽しく情報交換。
 お仕事場が広尾という方もいて、ももちゃんも早速名刺交換。
 今度一緒にランチでもと約束しました。

 ティータイムの後は全員が真剣なまなざしで、
 先程習ったメイクを顔全体に施します。

 木下先生もそれぞれの生徒を周りながら、
 さらなる丁寧なアドバイス。

 全員のメイクが終了し、互いに顔を見合わせ感動!
 1人1人、普段のメイクの勘違い?が見つかり、

 いつもよりも軽い、自然なメイクなのにそれぞれの
 肌の色にあってとても綺麗という結果になりました。

 全員がとっても満足。その場で全ての化粧品を
 購入していく人もいて木下先輩もとても嬉しそうでした。
 
 ももちゃんはファンデーションをゲット。
 これから少しずつ他のコスメもオーガニックに
 変えていこうと決意しました。

 人間の肌にもやっぱりオーガニックが1番合うんだ〜と
 この一日講座でさらに強〜く納得したももちゃんでした。
 
 
 

 
 
 

 

 

 

セラピスト奮闘記 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0)

オーガニックコスメを使ったナチュラルメイク一日講座♪



 目指せセラピスト ももちゃん奮闘記! (63話)

 今日は久しぶりに化粧品会社で働いていた時の
 ももちゃんの先輩が行なっている
 ナチュラルメイク一日講座に参加しました。

 木下先輩は2年前に化粧品会社から独立し、現在はオーガニック
 化粧品のお店をインターネットと成城店舗で運営しています。

 勤務していた大手化粧品の商品をいつも利用していた
 先輩でしたが肌荒れが年々ひどくなり、荒れを隠す為
 コンシーラー、ファンデなどとにかく重ね
 塗りを繰り返していたそうです。

 そんなお肌のケアに疑問を感じ始め、自分なりに
 勉強を始め、ナチュラルなオーガニック化粧品へ
 目覚めていき、今ではお肌もまるで20歳代の時の
 ようにぷりぷりに蘇ったそうです。

 同じような悩みを持つ女性達の為にと、
 考えたのがこのオーガニック化粧品商品の専門店。
 
 商品をオーガニックでも化粧品のみに絞っている為
 他店よりも、オーガニック基礎化粧品、
 メイクグッズは品数が多いと評判です。

 お店を構えるだけでなく、とっても手軽に参加できる
 メイクアップ教室、カラーセラピー、
 そしてセルフフェイシャルケアなどの一日講座を
 行ないながら確実にクライアントさんを増やしています。

 今日の一日講座にははももちゃんも含め
 6名の女性が参加。

 簡単な自己紹介とともにそれぞれが持つお肌、
 化粧品選び等の悩みをシェアし、講座がスタートです。

 ニキビ後で悩む方、肌の黒ずみで悩む方、
 日焼け止めや基礎化粧品の選択で
 迷っている方など様々です。

 ももちゃんは今使用しているファンデから
 オーガニックのファンデへの買い替えを
 検討しているもののどこの会社のものがよいか
 よくわからない事を話ししました。

 生徒さん全員が洗面所でしっかりお肌を
 クレンジング。素顔になり、それぞれ
 顔が隅々までしっかり見える、大きな鏡の前に座りました。

 まずは簡単にオーガニックの基礎化粧品で
 お肌全体を整えます。その後木下先生から、
 それぞれが持参したメイク道具で左半分の
 顔をメイクするように支持がありました。

 ももちゃんを含め、全員が顔半分だけの
 メイクなどした事はありませんでしたが、
 いつものようにいろいろな持参化粧品を使って
 全員がメイクを終了させました。

 木下先生は左側に使用した全ての化粧品を
 出しておくよう支持、生徒さんの中には
 20品目以上の物を用意している方もいました。

 それぞれの顔を見てお互いに照れ笑いしながら
 さて、いよいよオーガニック商品を使い
 右半分のメイクアップスタートです。

 ・・・・・・・・次回につづく

セラピスト奮闘記 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0)

1/8PAGES >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)