麻布十番納涼祭2010最終日のびっくりショット

麻布十番納涼祭も最終日を向えました。人混みに入り込む事に躊躇していた私ですが、友人が是非という事で遠方よりお店を訪ねてくださったので、一緒に人の群れの中へ突入。人と人の間をくぐり抜けながらちょっぴりお祭り気分を楽しみました。

今日はお祭りで見つけたびっくりショットを数枚紹介しましょう。最近の浴衣のファッションを象徴するレースを帯にアレンジした女の子達のバックショット、お祭り後に残った大量のごみの山山山、そして用済みとなり束で捨てられた納涼祭用の麻布十番マップです。時代の変化を感じるファッション、そしてエコの時代というにはほど遠い都心の現状を物語ったショット3枚です。




麻布十番物語 | 01:27 | comments(2) | trackbacks(0)

今年も麻布十番納涼祭がスタート、暑さと人混みで熱気もピークに!

今年も夏最後の大きなイベント麻布十番納涼祭が始まりました。今日で2日目。あっという間にかなりの人がここ麻布十番に大集合。数えきれない程の屋台が並び、でもその屋台も人の陰に隠れる程の、人・人・人・人です。まるで満員電車状態。

今年は人混みがちょっぴり恐くてまだ納涼祭が開催されている区間には入り込んでいないのですが、明日は最終日、ちょっぴり覗いてみようかなぁ・・・って思ってます。

暑さの中でパンダのぬいぐるみを着ながら、販売に励むご近所の薬局屋さんのスタッフの方、そしてサロン近くの納涼祭開催区間入口の写真を添付しました。ちょっと暗いですが熱々の熱気が伝わるかな??





麻布十番物語 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0)

海外に住むお友達の出産祝いに、麻布十番の藍染めプレゼント♪

以前にも紹介しましたが、パティオ十番のすぐ近くにある『ブルーアンドホワイト』というお店を皆さんご存知ですか?

外国に住む友人へのプレゼント購入に利用したり、お店にいらっしゃる海外からのクライアントさんにもよく紹介し、いつもとても喜ばれます。

今回は現在アメリカに住み、今年の2月末にかわいい女の子を出産した友人へのプレゼントに他の友人と2人で藍染めで創られたジンベ、ウサギのおもちゃ、そしておかめのポーチを送りました。

本当はこちらのお店で以前に見た、貝殻で創ったひな人形(このひな人形もとっても素敵なんですよ、蛤と着物の生地で出来ていました!)をプレゼントにと思っていたのですが、ママとなった友人からのリクエストも考慮に入れ、今回は実用的で即使える物にしてみました。

色は赤かピンクががよいかな〜とも思ったのですが、お店の方に『女の子のベイビーが海外で藍染めのジンベ着ているととってもおしゃれでクール、素敵よ〜!』って勧められ、写真にある貝殻の柄を選択してみました。ウサギのおもちゃは赤ちゃんが手で握ったり、噛んだりできるような柔らかい素材で、おかめのポーチはママへの送り物です。

日本からのプレゼントといっても時代遅れ感がなく、一品一品が手作りですので珍しく、それぞれのアートの表情も違っていて面白い作品だらけです。このお店に入るといつも目移りしてしまって、これもあれもと欲しくなってしまうので大変!

伝統的な日本のお土産よりももっとデザインがユニークで、そして手作りなので一品物も多く麻布十番からの日本のお土産にとってもお勧めのお店です。オーナーのさんも、そしてスタッフの皆さんとっても気さくで楽しいお店です。是非一度寄ってみてくださいね。



麻布十番物語 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0)

麻布十番物語最後のお店紹介は洋菓子屋さん『プランス』


1年間毎週麻布十番のお店、イベント、観光名所を
紹介して来ましたが、この専門コーナーは今日で終了。

勿論これからも麻布十番で気になるイベントや
お店のおすすめ情報があったらブログで
紹介していきたいと思っています。

今回ラストの専門店は麻布十番の素朴な洋菓子屋さん
『プランス』。最近近所にあったケーキ屋さんが店じまい
してしまい、お客様から『麻布十番にケーキ屋さんあります?』
という質問に答えられなくなっていた時、
偶然お散歩しながら見つけた洋菓子店です。

とって〜も素朴な感じで、店内にはカフェもありました。

実際に私はケーキを食べていないのですが・・・(すみません)
友人が遊びに来た際、ショートケーキとモンブランを買って帰り、
その後甘過ぎず美味しかったよ〜と報告してくれました。

昔からある地元の素朴な洋菓子店を応援したい!という方は
是非お土産にご利用くださいませ。

場所はパティオ通りと網代公園の間の裏通りに面してます。

麻布十番物語 | 02:38 | comments(0) | trackbacks(0)

麻布十番の日本赤十字社献血日


今月の16日に麻布十番会館にて献血が行なわれました。

お店の一周年記念日でもありましたので、
なにか1つ記念に世の中のお役に立つ事をしたいな(笑)と、
トリートメントの合間に出向いてみました・・・が

残念ながら、めずらしく血液検査で
*ヘモグロビン濃度が足りず断念!
*200ml全血で血漿成分献血は12.0以上、
400ml全血で血小板成分献血は12.5g/dl以上
でなくては献血は不可

今回は協力できませんでした。
せっかく書類の準備、検査等していただいたのに、
赤十字の皆さん、すみませんでした。

でも、せっかく来ていただいたので・・・と、
お礼に麻布十番の買い物袋いただいちゃいました。

ラッキー!!

この麻布十番商店街の献血は通常
年に1〜2回行なっているそうです。

皆さん次回は是非ご協力ください。
麻布十番のレアな商品をプレゼントに貰えるかも・・・♪

麻布十番物語 | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0)

また1つ麻布十番の老舗が消えてしまいました・・・


お店のロゴ入りのゴム印を作成していただいた、
麻布十番の老舗のハンコ屋さんがまた1つ
店じまいをしてしまいました。

有限会社甲陽堂さんです。

その後には100円ショップさんが先日オープンしました。

お店の近くに100円ショップができるのは
とても便利で助かりますが、でも
やっぱり麻布十番商店街の歴史或る
お店が消えてなくなっていくのは
とても残念でなりません。

もしかしたら、どこかにお引っ越しなさった
かもしれませんが、もしもそうであれば
是非どなたか場所をお知らせください。

麻布十番商店街で昔からお店を開いていらっしゃる方々、
どうか、どうか、これから10年、20年、30年ず〜と
麻布十番の老舗名店として生き延び続けてくださいね。




麻布十番物語 | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0)

麻布十番のコーヒー専門店『麻布珈房』


なかなかコーヒー完全断ちができないでいる私ですが、
このお店の前を通ると、ついつい我慢できなくなってしまう〜
というのが、コーヒー専門店『麻布珈房』!

以前に紹介した万華鏡のお店の並び、そして
網代公園のすぐそばに位置しています。

テイクアウトでコーヒー1杯200円で
購入もできますが、ここはコーヒー豆を買いにくる
お客様が多い様子です。

マンデリンランギットビルー、ルワンダカレンゲラ、
コンゴレイクキブピーベリーなどなど
舌を噛んでしまいそうな名前のコーヒーがいっぱい。

今月は限定ブレンドで『ハロウィンブレンド』が登場!
お化けもびっくりする程、香り、甘み、コクのバランスが
とれた一品だそうです。

ん〜ますますコーヒー断ちが出来なくなる〜、
でもこの香り・・・やっぱり♪たまりませ〜ん♪

麻布十番物語 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)

麻布十番の郵便局員さん達はとっても親切!


パティオ十番のきみちゃん像から歩いて30秒
カフェラ・ボエムの角を曲がったところに
麻布十番郵便局があります。

ハガキ、年賀状、海外小包の送付など
この郵便局はとっても頻度に利用しています。

東京都内でも何度も引越をし、いろいろな
郵便局を今迄利用している私ですが、
麻布十番の郵便局のスタッフの方々は
どの方も親切で、辛抱強いです。

先日も一周年記念のハガキの印刷ミスを交換しに
出かけたのですが、とっても丁寧に、そして親切に
交換、払い戻しの方法を教えてくださって
プラス年賀状の購入予約の申し込みまで
説明してくださいました。

海外小包を送付の際にも、
一番安く、早く届く方法をオファー
してくれたこともしばしば。

これからも何度も利用予定の
郵便局ですが、いつ利用しても麻布十番の
人々に素晴しいサービスと笑顔を提供し続けてほしいです。

がんばれ〜♪

麻布十番物語 | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0)

『先祖を尊い、亡くなった人々をしのぶ日』秋分の日


昼と夜の長さがほぼ同じになる秋分の日以降は、
昼の時間がだんだん短くなっていきますね。

それと同時に暑さもおさまり、
しのぎやすくなる秋のスタート日です。

麻布十番の雑式道り沿いにある『善福寺』にも
多くの人々がお墓りに来ていました。

この『善福寺』鎌倉時代には親鸞聖人が巡行
されたといわれる、由緒あるお寺。

その後アメリカ公使館となり、初代公使
タウンゼント・ハリス氏の記念碑、また
福沢諭吉の夫婦の墓、越路吹雪の碑などがあります。

麻布十番の商店街からとても近くですが、
この善福寺のまわりはとても静かで、
気分を落ち着かせてくれる麻布十番隠れスポットです。

麻布十番物語 | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0)

業界の競争がとっても激しい麻布十番で生き残るには?


お店を麻布十番に出してからもうすぐ一年。

その間に雑式道り沿いにあるレストランやショップが、
あっという間に入れ替わっていることがしばしば。

中華料理屋さんの「新香飯店」を経営している
大家さんのお話では、麻布十番でこれから新しいレストラン、
そしてショップの経営を成功させるのは至難の業。

麻布十番は業界の競争がとても激しいらしいです。

一年にも満たない間に近所にあったケーキ屋さんがアメリカの会社
UBSに、そしてお寿司屋さんがカフェに、そして
和食のお店がフレンチレストランに・・・

網式道り沿いのモダンなビルにあったエステのバスト
アップ専門店が、ウエディング専門店に、そして今は
空き店舗になってます。

世の中はあのリーマンブラザーズが倒産となるし、
生き残りはなかなか厳しいですね。

麻布十番の老舗はどうやって地道に
生き残っているのでしょうか?

昔の味を守り続けているお店、地元になじみ
顧客を大切にしているお店、流行に迷わされずに、でも
常に研究を重ね新しい商品、メニューを取り入れている店でしょうか。

これから麻布でお店を展開する予定の方、
お店、会社を始めたばかりの方々、
道のりは過酷かもしれませんが、お互いにゆっくりと
石橋をたたきながら一歩一歩進んでいきましょう。




麻布十番物語 | 02:27 | comments(0) | trackbacks(0)

1/6PAGES >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ベビーアルバム

selected entries

recent comment

  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Kay (08/29)
  • 「ガンの真実」シリーズ1<化学療法と製薬独占の本当の歴史>パート(4)
    Eri (08/28)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Kay (08/15)
  • 震災ボランティア活動、気仙沼で始まり、気仙沼で一区切り
    Eri (08/15)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    satomi (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Kay (10/06)
  • 一目惚れでなく、二目惚れ?されましたん♥
    Eri (10/06)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    Kay (08/08)
  • ヒッチハイク & -hand to hand- プロジェクト 第12弾
    いながの♪農♪ぼーい (08/07)